• フォント
  • 大
  • 小

小児歯科について

「いつまでも、元気で健康な人生を送ってほしいから ・ ・ ・」

子供の時期は、人生の基礎をつくる大切なときです。成長期のお子さんは心も体もとてもやわらかく、その正しい成長・発育は生活する環境に大きく左右されます。大切なかわいいお子さんの将来のため、お子さんの生活環境に配慮し、きちんとした生活を送らせてあげることはとても重要なことです。

健康で丈夫な体は、毎日の正しい生活習慣の積み重ねによってできあがっていきます。これは、お口の健康についても同じで、整った生活環境で正しく発育した子供たちは虫歯がなく、きれいな歯並び・咬み合わせの子が多いのです。

「歯みがきしているのに、なぜ子供が虫歯になってしまうの?」
「子供の歯並びや咬み合わせが気になるけど、どうしたらいいの?」

ママにとっては、分からないことがたくさんあると思います。その「なぜ?」「どうしたらいいの?」を学び、知ったことを実践していけるようにすることが小児歯科の大切な役割。お子さんのお口の健康をママと一緒に守るために、小児歯科はあるのです。

  • ページの先頭に戻る

いちょう通り歯科の小児歯科~各務原市のいちょう通り歯科~

当院の小児歯科が目指すのは、虫歯が一本もなく、歯並び・咬み合わせのいい子供を増やすこと。そのために、いちょう通り歯科を訪れる子供たちにはしっかりと予防ケアをして、治療が必要な場合もやさしい治療に努めていきます。そして、ママの話からご家庭での子供たちの様子をしっかり聞き取り、できることをアドバイスし、ママと一緒にお子さんの成長を見守っていきます。

小児予防歯科の実践

当院の小児歯科は、将来ある子供たちの健康な発育を促すため、「予防」に重点を置いて診療にあたっています。また、通院するお子さんが楽しく過ごせるようキッズルームを設けています。小さなお子さんは、保育士による託児のサービスが受けられます(毎週水曜・金曜の午前中)。

(1)小児予防歯科

小児予防歯科

発育期のお子さんのお口の清掃状態、虫歯、歯並びや咬み合わせなど、お口の健康状態や発育に問題がないか定期的にチェックし、そしてクリーニングをしていきます。また、リスクの高いお子さんには、必要に応じて予防処置をおこないます。

(2)小児歯科治療

小児歯科治療

治療が必要になった場合は、お子さんの心の発育に合わせて、やさしく治療していきます。

(3)子育てサポート

子供たちの健やかな発育には、家庭での子育てがとても重要になってきます。子育てに関する大切なことを、医療の面から私たちがしっかりとサポートします。

小児歯科の流れ

問診

問診

お子さんのお口についてのママのお悩みやご希望などをお尋ねします。また、家庭での子育てに関するお話も一緒にうかがいます。

診査・診断

問診

成長・発育段階に合わせてお子さんのお口の状態を詳しく調べて、評価します。

プログラムの実施

プログラムの実施

ママのご要望を踏まえ、お子さんに合った予防歯科プログラム(治療も含む)を実施していきます。

小児予防歯科メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くする効果があるフッ素を塗布することで、虫歯から守ります。特に、乳歯や生えたばかりの永久歯の虫歯予防に効果的です。また、フッ素には歯の再石灰化を促進する働きがあるため、ごく初期の虫歯なら治癒が見込めます。

シーラント

シーラント

虫歯のリスクが高いお子さんに対して奥歯の溝を埋める予防処置です。虫歯になりやすい奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めることで食べカスが溜まるのを防ぎ、虫歯を予防します。乳歯の奥歯や六歳臼歯の虫歯予防に効果的です。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯科衛生士によるブラッシング指導をおこなっています。正しい歯みがきによって、虫歯菌の住み処であるプラークを取り除きます。ママには、仕上げみがきの方法もお教えします。

歯並び・咬み合わせの育成

身長が伸びる子供の時期(0~18歳頃)は、歯並びや歯の咬み合わせにとって非常に大切な時期にあたります。全身の骨格が発達するこの時期は、お口の骨(上顎・下顎の骨)の発育も進み、歯がしっかり萌えそろう時期にあたります。きれいで健康な歯並び、機能的な歯の咬み合わせを育成する重要なときなのです。

子供の歯並び・歯の咬み合わせを決める要素は以下の2つです。
(1)親の遺伝の影響を受ける(先天的な要素)
(2)子供の成長・発育の仕方の影響を受ける(後天的な要素)

子供たちの歯並び・歯の咬み合わせの正しい育成のためには、子供たちの毎日の生活習慣をきちんと正していくことが大切です。姿勢や癖、食生活など様々なことが、顎の発育や歯の萌え方に影響してきます。当院では、子供たちのお口の健全な発育を促すため、定期的に診査をおこない、お口の問題点や生活上の改善点などの指導にあたっています。

  • ページの先頭に戻る

食育と嚼育(しゃくいく)で健康をつくりましょう

■食育について

食育について

健康に関する情報が氾濫する現代――「健康的な食事とはどうあるべきか?」ということを、将来ある子供たちに正しく伝え、実践してもらうことを「食育」と言います。

現代の子供たちのお口には、新たな危機が訪れています。昔の子供に比べ、歯並び・咬み合わせがどんどん悪くなっているのです。これは、子供を取り巻く生活環境の変化にともない、成長発育期の子供の「食べ物を咬む回数(咀嚼-そしゃく-回数)」が激減していることが主な原因。よく咬むことが成長期の子供の顎(あご)の骨の発育を促し、その結果として、歯並びや咬み合わせはきれいになるのです。

■嚼育しゃくいくについて

咬む回数が減ってしまった現代において、どうしたら子供たちはよく咬むことができるようになるのでしょうか? この問題を食事という場面に限定せず、生活全般に視野を広げ、咬まなくなった原因となっている生活習慣を改めていくことが重要になってきます。子供たちが自然に「咬めるようになるにはどうしたらいいか」を学び、それを実践していくことを「嚼育」と言います。

嚼育を成功させるキーワードは、「無理なく」「楽しく」「家族みんなで」。子供たちが理想的な歯並びや咬み合わせを手に入れることができる生活習慣を送ることで、結果的にバランスのとれた心と体の健全な成長も期待できるのです。お子さんの咬む回数を増やすためにはどうしたらいいのか。それは子供たちだけでなく、親も含めて家族全体で考えていくことが大切になってきます。

  • ページの先頭に戻る